HYBEJP BOYS

【メンター紹介】HYBE LABELS JAPANグローバルデビュープロジェクト

こんにちは。ニコラスペンの華(Hana)です。

1月30日・31日はBig Hit Japan Boys(以下 BHJB)→HYBE LABELS JAPAN Boys(以下 HYBEJP Boys)の追加メンバーを決める『&AUDITION(エンオーディション)』の3次審査の日でしたね。

スペシャルアドバイザーの今井了介さんがこのような投稿をしてくださいました😊

オーディションの審査員をされていたようです。

今井さんのほかにも

  • 井上 さくら さん
  • Soma Gendaさん

も審査員として参加されていました。

ライオンくん

そういえば、HYBEJP Boysをサポートしてくれるメンターの皆さんのことあまり知らないよ……

そこで今回は、デビュー後もお世話になるであろう豪華なメンター陣についてお伝えします。

メンターって一体どんな人?

どんな人たちがHYBEJP Boysのサポートをしていくの?

I-LANDにも出演してたプロデューサー・ディレクターたちって一体どんな人?

この記事はこんな疑問をお持ちの方にオススメです。

【2021.4.8追記】
BigHit JAPAN→「HYBE LABELS JAPAN」に公式から名称変更が発表されたため、表記を変更しています!

スポンサーリンク

メンター( HYBEのプロデューサー陣✨)

そもそもメンターとは、

社内でのメンター制度では、豊富な知識と職業経験を有した先輩社員(メンター)が、後輩社員(メンティ) に対して行う個別支援活動である。キャリア形成上の課題解決を援助して個人の成長を支えるとともに、職場内 での悩みや問題解決をサポートする役割を果たす。

引用元:Wikipedia「メンタリング」内「現代のメンター制度」

という意味だそうです。

いわゆる「先生や上司」よりも近い距離感で、寄り添ったサポートをしてくれるというイメージでしょうか😌

パン・シヒョク【チェアマン・CEO / プロデューサー】

パン・シヒョクCEO:写真中央

名前
 パン・シヒョク(방시혁)

生年月日
 1972年8月9日

Big Hit Entertainment→HYBE代表

もともとは作曲家として活躍→JYPでプロデューサー業を学ぶ

その後2005年に独立し、「Big Hit Entertainment」を設立

BTSを世界的スターにした立役者

「I-LAND」パート1#1から登場

【代表曲】BTS『血汗涙』『DNA』など

「BTSの生みの親」

そんなイメージのパンPD(パン・シヒョクCEOの愛称)ですが、『I-LAND』の統括PDとして「ENHYPEN(エンハイプン)」のメンバー選定にも大きく関わりました。

私が個人的に驚いたのはTEENTOPの『♪향수뿌리지마(香水をつけないで)』の作曲をしていること!

♪TEENTOP
『향수뿌리지마(香水をつけないで)』

2011.07.26発売
ミニアルバム『ROMAN』のリード曲。

2020年、韓国SBSのウェブバラエティ『文明特急』内の『隠れて聴く名曲』コーナーで紹介され、再びブームとなりました。

実はHana、향수뿌리지마時代TEENTOPのファンだったので、昨年再ブームとなったとき「よく聞いていたなあ」と懐かしく思っていました。

それがまさかパンPD(プロデューサー)の曲だったとは……

Hana

歌っている姿は「可愛い&さわやか♥」なのに、歌詞は本当に悪い男…な曲です~😅

さて、話は戻して、パンPD。

『I-LAND』では、時に厳しく時に温かいアドバイスを送っていましたね。

超個人的見解ですが、「すごくケイ君の実力を認めていて、期待しているんだな」という印象でした。

なので、最終回のデビューメンバー発表。

PD選択でパンPDがケイ君を選ばなかったことに本当に驚いて……

このままどうなるんだろうとモヤモヤしていたところ、JAPANの方でデビューすることが決まり、安心しました。

リス

やっぱり放っておかないよね、パンPD!!

今後ともHYBEJP Boysをよろしくお願いします!

Pdogg(ピドック)【プロデューサー】

名前
 Pdogg(피독)

本名
 カン・ヒョウォン(강 효원)

生年月日
 1983年9月19日

BTSのメインプロデューサー

地元のHIPHOP界隈で活動→自作曲をパンPDが運営するコミュニティサイトにアップすると、スカウトされBigHitに入社

「I-LAND」パート1#3から登場(パート2 #8&#12のテスト評価や、いくつかの中間チェックには不参加)

【代表曲】BTS『Life Goes On』『Boy With Luv』『FAKE LOVE』など

韓国の番組でBTSメンバーから
「8人目のメンバーだ。BTSの音楽の“根っこ”だ」
と紹介されたくらい、数多くのBTSの楽曲の作詞・作曲を手がけています。

I-LAND内で発言するシーンは比較的少なかったのですが、審査の際は

  • 曲の雰囲気と合っているか(曲を理解しているか)
  • 惹かれる魅力を持っているか

を重視してコメントをしていた印象です。

そんなPdoggさんが手がけるBTSの楽曲はどれも唯一無二で、彼らの魅力を引き出すものばかりです。

なので、HYBEJP Boysのメンバーにもピッタリ合うような楽曲をプロデュースしてくださること間違いなしですね(*¨*)♡

Hana

ぜひHYBEJP Boys独自の世界観をプロデュースしてほしいです…♡

Twitter→@pdogg

Instagram→@pdogg428

ソン・ソンドゥク【パフォーマンスディレクター】

名前
 ソン・ソンドゥク(손성득)

生年月日
 1983年6月22日

BTSのメイン振付師

「神話」のバックダンサー出身

I-LANDパート1 2話目『♪Into the I-LAND』評価から登場

【経歴】BTS『Dynamite』『Boy With Luv』『FAKE LOVE』などの振付

ソンドゥク先生ですが、私の中ではI-LANDのPD陣の中で1番印象に残っています。

I-LANDミッションの中間チェックではため息をついたり、大声で怒ったりと、厳しく指導するシーンが多く……「怖い先生」だな、思っていました。

しかし、番組を観進めていくと、ジェイ君(現ENHYPENメンバー)をいじったり、上手に出来たことに対してはすごく褒めていたり。

「アメとムチの使い分けがとても上手な先生なんだ!」と(*¨*)

あんな先生が近くで見守ってくれ、指導してくれたら心強いですよね。

そして、インスタでは親バカ全開(褒めてます笑)のソンドゥク先生を見ることができます🥰

Instagram→@sonsungdeuk

息子の「モア君」がすごく可愛い♡ソンドゥク先生、とっても子煩悩なパパです(*¨*)♡

怖い印象が全くなくなりました(笑)

こちらは息子ちゃんが生まれたときのTwitter上でのPdoggさんとのやりとりです。

ソンドゥク先生元ツイ
嬉しい息子よ~🙋‍♂️
#祝福
#❤
#sonbubu
#👪
#キム·ミハ院長🙏
#世界中に祝福があふれますように

pdoggさん
おめでとうございます~~~♡

Hana

生まれたときから息子愛があふれていますね。ソンドゥク先生、可愛い…!(すっかりソンドゥク先生推しのHana笑)

I-LANDでは「特に『I NEED U』は泣きながら準備をしていた」とパンPDから紹介されていたソンドゥク先生。

その当時のことを話しているインタビュー記事もありました。

1つ1つの作品に思い入れがあるからこそ、I-LANDの練習生たちにも厳しくレッスンをしていたし、練習生も信頼してついていくのでしょう。

素晴らしき師弟関係です🙏❤❤

Twitter→@sonsungdeuk

Instagram→@sonsungdeuk

パフォーマンスディレクター

写真左からSoma Gendaさん / 今井了介さん / 井上さくらさん

ここからは、日本人のメンターの方々をご紹介します!

まずは、パフォーマンスディレクター(振付師)の井上さくらさんから。

井上 さくら

名前
 井上 さくら(いのうえ さくら)

17歳からダンスを始める

ダンスチーム『Team”S”』の代表

2004年~7年間 LA(ロサンゼルス)を拠点に活動
ブリトニー・スピアーズ『Womanizer』『Circus』ミュージックビデオ 振付補佐として活躍

2011年に帰国→アジア圏(日本・韓国・台湾など)を中心に振付師・演出家として活動。

【経歴】BOYFRIEND、HOTSHOT、NU’EST、BTS、ソ イングク、チャン グンソクなどの振付・演出を担当

井上さんが率いるダンスチーム「Team”S”」

NU’ESTやBTS、SEVENTEEN、PENTAGONなど人気グループの日本公演に、こちらの「Team”S”」の所属ダンサーさんがサポートダンサーとして参加されています。

その取りまとめや、様々なアーティストのステージやMVの演出・振付監修をされているのが井上さくらさんです。

◆BOYFRIEND『♪Love Style』

本国のスタッフさんと共同で振付を制作し、振付の一部を井上さんが担当されました。

(井上さん公式YouTubeからお借りします)

◆HOTSHOT『♪Step by Step』

日本デビュー曲のこちらの曲では、井上さん率いる「Team”S”」が振付をされました。

(公式からMVアップされてないので貼れません~😂ぜひ検索してみてください♪)

振り付けをされたMVなど観ると、ボーイズグループの振付をされるとこんな感じなのかなあ~♡とイメージが沸きますね🥰

小道具を使った振付も得意なのでしょうか😊

ENHYPENの『Flicker』のようなパフォーマンスにも期待してしまいます♡

Twitter→@Sakuranko

Instagram→@sakuranko425

プロデューサー・サウンドディレクター

Soma Genda

名前
 Soma Genda(源田 爽馬)

生年月日
 1992年

ピアノ・ギター・ベース・ドラム・ゴスペル経験者

作詞/作曲/編曲

【代表曲】BTS『Crystal Snow』・嵐『夜の影』(共同編曲)・BoA『私このままでいいのかな』(共同作曲)

まだお若いですが、有名なアーティストの楽曲に沢山関わってらっしゃいます。

バンド系もダンス・ポップス系もオールマイティに作ることができるGendaさん。才能の塊ですね…😳

ケイくんと5歳くらいしか離れていないので、最年長のケイ君も甘えられる、話しやすい「ヒョン」的な存在となってほしいな~と勝手に思っています(笑)

話は逸れますが、

(というか、公式発表されていないので、憶測なのですが)

2020年9月にBigHitJapanからプロデューサーの募集がありました。

時期的にも、このオーディションに合格されてメンターとなられたのでしょうか。

また、2020年 年末に公開されたアーティストの川谷絵音さんのコラム。

実際、BTSの事務所の日本法人であるBig Hit Entertainment Japanの日本在住プロデューサー募集の応募要項には、「メロディーが鮮明で、ダイナミックな流れの起承転結がはっきりとした、定型化された曲の構造の音楽デモはご遠慮ください」と書いてある。これは暗にJ-POPはご遠慮くださいということだ。

引用元:NIKKEI STYLE「募るJ-POPへの危機感 K-POPは世界標準(川谷絵音)」

非常に興味深いです!

HYBE LABELS JAPANは、よりK-POPに近いスタイルの楽曲をプロデューサーに求めているということですね。

HYBEJP Boysも「J-POP」ではなく完全に「K-POP」としてプロデュースされる可能性が高いのでしょうか。

これは是非お願いしたいです…切実に!

K-POPアーティストにあこがれて練習生として頑張ってきたメンバーのためにも!K-POPを歌って踊るメンバーを観てファンになった私たちにとっても…!

Soma Gendaさんが上記に紹介したHYBE LABELS JAPANの「プロデューサーオーディション」で優勝された方と同一人物かどうかは不明です。こんなオーディションもあったんだね~くらいにとらえてくだされば♪

ライオンくん

ゴリゴリK-POPも、『Crystal Snow』みたいなシックなおしゃれバラードも期待しちゃう…💖

Instagram→mfmobg6

2021年2月5日現在、Twitterはされていません

スペシャルアドバイザー

今井 了介

名前
 今井 了介(いまい りょうすけ)

生年月日
 1971年11月20日

プロデューサー

作詞/作曲/編曲

1995年から活動をスタート

アーティストのプロデュースだけでなく、次世代プロデューサーの育成にも貢献

【代表曲】安室奈美恵『Hero』・Little Glee Monster『ECHO』

昔からご活躍されている、すごくすごく有名なプロデューサーさん。日本の音楽界に欠かせない方です。

こんな方にサポートしてもらえるなんて凄すぎる…!

HYBE LABELS JAPANの本気度がうかがえます🥺💓

ちなみに『I-LAND』関連でいうと、RAIN(ピ)先輩のプロデュースもされたことがありますよ。

Twitter→@ryosukeimai

Instagram→@ryosukeimai

UTA

名前
 UTA(ゆうた)

プロデューサー

作曲/編曲

【代表曲】BTS『Lights』『Stay Gold』『Your eyes tell』・三浦大知『Cry & Fight』『I’m here』など

BTSやTXTなどHYBEの先輩たちの作曲・プロデュースもされているUTAさん。この流れを受け継いでHYBEJP Boysのサポートもしてくださいます♡

また、K-POPだけでなく、日本のアーティスト・三浦大知さん(ダンスも歌もめちゃめちゃ上手な実力派のソロアーティストです)とも長い間制作を一緒にされているそうで、ダンスミュージック・R&Bの曲もたくさん手がけていらっしゃいます。

なので、ニコラス君が「挑戦したい!」と話していたR&Bの楽曲も今後提供されたりしたらいいなあ…と勝手ながら思っています🥰笑

Twitter→@utatvp

Instagram→@utatvp

スポンサーリンク

まとめ

以上、HYBEJP Boysをサポートしてくださるメンターたちの紹介でした🌸

豪華な方たちがサポートをしてくれるので、デビュー曲にも期待が高まります♡

韓国チームのメンター陣もI-LAND、そして先輩のBTSになじみ深い顔ぶれで、力の入れ具合が伝わってきますね…!

BHJBは、基本的に井上さくらさんとSoma Gendaさんが中心となってサポートをしていくのでしょうか?

「スペシャルアドバイザー」の方々より近い位置でサポートしてくださるようなイメージを持ちました。

Hana

日本拠点が基本だから、日本活動では日本のメンター陣が中心?

韓国活動中や世界デビューの時には韓国のメンター陣がサポートしてくれるのかな?

こんなに沢山の実力のある方々に恵まれたHYBEJP Boysの今後の活躍に期待ですね💕

どうか私たちのHYBEJP Boysをよろしくお願いします💖笑

HYBE LABELS JAPAN公式HP内のグローバルデビュープロジェクトのページにも紹介があるので、是非ご覧ください✨

それでは、あんにょん!

スポンサーリンク