I-LAND

【これさえ読めばI-LANDマスター♡】知っておきたい!『I-LAND』のルール【パート1編】

韓国のオーディション番組『I-LAND』に去年すっかりハマってしまった華(Hana)です。

みなさんはI-LANDを観ているとき、
「あれ?このテストのルールってなんだっけ??」
と思うこと、ありませんでしたか??

実はわたし何回もありました(笑)
毎回ルールが微妙に変わるし、ややこしい~~!

ライオンくん

でも、ルールを確認するために巻き戻すのもちょっとめんどくさい……

そこで今回は、I-LANDのテスト・視聴者投票のルールについて、おさらいも兼ねてご紹介していきます!

本編と合わせてお楽しみください♥

I-LANDを観たけどルールがあやふや…

Big Hit Japan Boys(以下BHJB)→HYBE LABELS JAPAN Boys(以下HYBEJP Boys)デビュー前に復習しておこう!

もう一度I-LANDの余韻に浸りたい~

コチラの記事は、そんな方たちにオススメです🙂

志願者
 I-LANDに参加した練習生23人のこと

PD
 プロデューサー陣のこと

#〇(数字)
 〇話目ということ

【2021.4.8追記】
BigHit JAPAN→「HYBE LABELS JAPAN」に公式から名称変更が発表されたため、表記を変更しています!

スポンサーリンク

I-LAND【パート1】で行われた5つのテスト

I-LANDのパート1では、入場テストを合わせて5つのテスト・1回のグローバル視聴者投票が行われました。

  • STEP01
    入場テスト
    「アイランド」の入場者を決める
  • STEP02
    シグナルソングテスト
    『♪Into the I-LAND』
  • STEP03
    チームワークテスト
    『♪불타오르네(FIRE)』
  • STEP04
    ユニットテスト
    アイランダーVSグラウンダーのボーカル・ダンス対決!
  • STEP05-1
    最後の12人
    アイランダーの『♪I&credible
  • STEP05-2
    最後の6人
    グラウンダーの『♪I&credible
  • STEP05-3
    💖グローバル視聴者投票①
    パート2へ進む6人を決める投票

【ルール説明】『I-LAND』パート1で行われたテストのルール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mnet I-LAND OFFICIAL INSTAGRAM(@mnetiland)がシェアした投稿

#1 入場テスト

大型施設「アイランド」に入れるのは12人のみ!その座をかけて23人の志願者がテストに挑みました。

Hana

推しのニコラス&ニキ&ハンビン『♪Jopping / Super M』

披露順

自由。志願者同士で決定。

ユニットごとにステージを披露します。

ユニットのメンバーは、I-LAND収録前に決められていたようです。

評価方法

志願者同士の評価

ルール

  • 「この志願者はアイランドに入る資格がある🙆‍♂️」と思えば挙手
  • 過半数の票が入れば合格
  • 複数人でステージを披露しても、評価(投票)は個人ごと
  • 合格者が12人以上もしくは12人以下の場合、さらに別のテストが実施される

【テスト1】#2 シグナルソングテスト『Into the I-LAND』

制限時間

7日間

評価基準

会って間もない12人が息を合わせることができるかどうか

評価方法

  • PD陣が12人それぞれに個人点をつける
  • その平均がチームの点数になる
  • チームの点数によって降格者の数が決定する
チーム点数降格者数
96~1000
91~951
86~902
81~853
76~804
71~755
70点以下6

ルール

  • パートはいつでも変更可能
  • 降格者は志願者自身による投票で決定する

結果発表について

  • テスト終了後、個人点数&チーム点数が発表される
    個人点数はランダムにモニターに表示されるため、誰が何点だったか分からないようになっています)
  • 投票ルームに行けば、自分の個人点数のみ教えてもらえる

【テスト2】#3・#4 チームワークテスト『불타오르네(FIRE)』

組体操のような難易度の高い振付も加わり、メンバーたちの「チームワーク」が試されるテストでした。

アイランダーの『♪불타오르네』

グラウンダーの『♪불타오르네』

制限時間

6日間

評価基準

メンバーたちのチームワーク力

評価方法

  • 『Into the I-LAND』テスト同様、PDが個人の点数をつける
  • その平均点がチームの点数となる
  • チームの点数によって降格者の数が決定(点数と降格者数は上の表と同じ)

ルール

  • 今回は、グラウンダーもステージの準備を行う
  • しかし、アイランドから降格者が出なければグラウンダーステージは実施しない
  • 個人点数1位のアイランダーには「降格免除権」が与えられる

降格免除権
自分自身に使っても、ほかの降格候補者のために使ってもOK

降格免除権が使われた場合、次の降格候補者がグラウンド行きに……

結果発表について

  • テスト終了後、個人点数&チーム点数が発表される
    個人点数はランダムにモニターに表示されるため、誰が何点だったか分からないようになっています)
  • 続けて、上位6位のみ名前と点数が全員の前で発表される
  • ここで1位になった志願者が「降格免除権」を使うことができる

【テスト3】#4・#5 ユニットテスト

アイランダーとグラウンダーの全面対決!

アイランド・グラウンドそれぞれボーカル組2人・ダンス組3人の代表が、ステージを披露しました。

アイランダーのボーカルステージ

アイランダーのダンスステージ

グラウンダーのボーカルステージ

グラウンダーのダンスステージ

制限時間

6日間

評価基準

  • チームのためにどれだけ努力ができるか?
  • アイランダーとグラウンダーの現在の実力はどの程度か

評価方法

  • PDが点数をつける
  • その合計点がアイランド・グラウンドそれぞれの点数となる
  • 合計点数の多い方が勝ち

ルール

  • アイランダーとグラウンダーの両方からボーカル組2人・ダンス組3人を代表として選ぶ
  • 代表の5人以外はステージに立てない
  • アイランドが勝利した場合、降格者は0(グラウンドからの補充者も無し)
  • グラウンドが勝利した場合、アイランドから6人が降格
  • 代表メンバーはいつでも変更可能

結果発表について

両チームのボーカルステージ終了後、すぐにPDの評価が行われボーカルステージの点数が発表される

ダンスステージを披露

結果発表では、ボーカルステージの点数にダンスステージの点数を合わせた点数=最終的な合計点数が発表される

【テスト4-1】#5・#6 最後の12人:アイランダー『I&credible』

制限時間

7日間

評価基準

  • デビューに向けて「覚醒」したかどうか
  • 成長の可能性があるか
  • 実力を本番でしっかり発揮できるか

評価方法

  • アイランダーの選択→3人
  • PDの選択→3人

合わせて6人の降格者が決定される

ライオンくん

ここで残った6人は、パート2に進むことが確定!

ルール

  • 今までの連帯責任ルールが無くなり、チームの平均点が出されない
  • 個人の実力のみが評価される
  • 降格者は「志願者による選択・PDによる選択」で決定される
Hana

グラウンダーはこのテストでPD評価を受けられません…

「グローバル投票」で上位になることでしかパート2に進むことができないという鬼ルール😥

結果発表について

降格者投票
【テスト終了1時間後】アイランダーによる降格者投票が行われ、降格者3名が発表

投票ルームでは、全員の個人点数(名前も点数も分かるもの)が知らされました。
(※この個人点数での下位3名が降格者として選ばれるわけではありません)

PDの選択
降格者投票で選ばれた3人を除く9人の中から、降格者3人がPD陣によって選ばれる

このテストでの個人点数とは関係なく、これまでの実力を観て総合的に評価されます

Hana

降格者になった6人はすぐグラウンドに移動します😥

【テスト4-2】#6 最後の6人:計16人の『I&credible』

グラウンダーもアイランダーと同様に7日間「I&credible」の練習を行っていました。もちろんパート分けは済んでいます。

Hana

グラウンダーのみんなは、アイランダーのテストの後に自分たちのステージが行われると思っていたみたいです😲

しかし、アイランドからの降格者6人が、そのままグラウンダーに合流することに。そして、合流後すぐに「最後の6人」テストのアナウンスがあり、パートの再配分をするよう指示がありました。

グラウンダーが既に振り分けていたパートは1から決め直し。動線も変わるため、練習し直すことになってしまいました…

ライオンくん

グラウンダーのみんなも7日間かけて練習して、あとはステージを披露するだけ…!の状態だったのに…かわいそうすぎる😱

制限時間

  • グラウンダーだけの練習期間:7日間
  • 6人の元アイランダー合流後後:3日間

評価方法

グローバル投票(視聴者投票)
得票数の多い上位6名がパート2に進むことができる

結果発表について

#7(パート2の初回放送)で発表
残留したアイランダーとPD陣が見守る中、上位6位の志願者の名前・獲得票数が発表されました

【ルール説明】グローバル視聴者投票

【テスト4-3】#5・#6 グローバル視聴者投票

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mnet I-LAND OFFICIAL INSTAGRAM(@mnetiland)がシェアした投稿

先ほど紹介した「最後の6人」テストの合格者6人は、このグローバル投票によって決まりました。

期間

#5放送終了後(2020年7月25日 0時)~8月2日昼12時まで

ルール

  • 公式アプリ or HPから投票
  • 1日1回投票が可能(毎日同じ6人に投票してもOKだし、違う組み合わせの6人に投票しても◎)

1次投票:7月25日~7月31日(I-LAND#6放送終了)まで

  • 23人の志願者の中から6人に投票する

2次投票:7月31日(#6放送終了後)~投票締め切りまで

  • #6で発表された残留者6人を除いた志願者が投票の対象
  • 1回の投票が3票としてカウントされる

実は、投票がスタートした#5終了時点では、アイランダーの『I&credible』ステージも披露されておらず、降格者の発表も放送されていない状況でした。

そのため、1次投票期間では、入場テストから『I&credible』練習期間までの姿を見て「どの6人をPICKするか?」を判断し、投票するスタイルでした。

中間発表【#6】

#6の冒頭、1次投票期間での途中経過が発表されました。

投票率が高かった国
  • 1位:インドネシア
  • 2位:日本
  • 3位:フィリピン
  • 4位:アメリカ
  • 5位:韓国
国別の1位獲得者
  • 韓国:ソヌ
  • アメリカ:ダニエル
  • 日本:ニキ
  • 中国:ソンフン
  • インドネシア:ジェイク
  • ベトナム:ハンビン
  • インド:ヒスン
スポンサーリンク

さいごに

ここまで、I-LANDパート1で行われたテストについてまとめてみました。

改めておさらいしておくと、I-LANDをさらに楽しめること間違いなし!ですよ~◎

それでは、あんにょん!

スポンサーリンク